MENU

やっぱり不利なの? 派遣社員のフリーローン申し込み

派遣社員で、フリーローンに申し込みたいけれど、審査にパスするのかな、と不安に思っておられる方、多いと思います。

 

確かに、正社員に比べて派遣社員は、収入が少なく、返済能力が低いと思われがち。実際、少し前までは、正社員と同等の扱いをしてくれない、フリーローン会社も少なからずありました。

 

しかし、雇用が多様化する昨今、派遣社員の方でも申し込めるような、フリーローン商品が増えてきているのも事実。そこで、派遣社員がフリーローンを、利用するにあたり、注意するべき点を紹介していきたいと思います。

 

派遣社員だと、どうしても正社員よりも、利用限度額を低めに設定されてしまうことが多いようです。やはり、収入の安定性の面で、正社員よりもひけをとっている、というイメージがあるのでしょう。

 

しかし、実際は、正社員の収入を凌いでいる方もおられます。ですから、派遣社員でも、十分に安定した収入があることを、フリーローン会社に認識してもらう必要があります。

 

派遣社員の借入れ申込みは勤続年数が重要

 

それには、「勤続年数」をアピールするのが有効です。派遣社員としてのキャリアがある方は、それを有利な条件として、十分な返済能力があることを、示しましょう。

 

派遣社員のイメージ的デメリットは、過去に働いてきた業種職種が様々で、一貫性がないために、それなりの技術が身に付いていないのではないか、と思われがちであるところ。

 

それが、フリーローンを申し込むにあたって、審査にも、利用限度額にも、大きく影響するのではないか、と心配になるかもしれません。でも、言い方を変えれば、それだけ経験が豊富で、どのような業種職種にも対応できる力を持っている、ということ。

 

その適応能力がメリットになりえないとは限りません。それでもどうしても心配、と思われる方は、仮審査から始めてみるとよいでしょう。大体の感触がつかめるはずです。