MENU

雇用形態が派遣の方がフリーローンを利用する時に気を付ける事

近頃は正社員以外の雇用形態、派遣社員として勤務をして収入を得ている人も多くいます。

 

フリーローンの借入を利用する事が出来るのは正社員で勤務している人だけが審査を受け利用する事が出来るというイメージが強いと思いますが、派遣社員として働いている人でも気軽に利用出来るフリーローンも増えていきています。

 

ここでは、派遣社員の人がフリーローンを利用する時に忘れないようにしておくべき内容をまとめています。

 

審査申込みに気を付ける

 

最初に気を付けなければいけない事はフリーローンの審査の申し込み書類に記入する「勤務先」についてです。派遣社員の人は、勤務している会社の住所を記入する事が正しいのか、登録している派遣会社の住所を記入する事が正しいのかわからない人が多いと思います。

 

この場合は、登録している派遣会社と勤務している会社の両方を記入しておく事が良いと言えます。申し込み用紙によっては派遣社員の人が迷わないように派遣元と派遣先の両方を記入する事が出来るようになっている場合もあります。

 

審査内容で気を付ける

 

一番気になる事は審査内容についてだと思います。審査自体は正社員の方と同じ内容となっている場合が多く、派遣社員で働いていても安定した一定の収入があり勤続年数が長ければ審査を通過する事が出来ます。

 

勤続年数が短いと、派遣社員としての実績として認められない場合もあり、返済能力に疑問があるという事になり審査を通過する事が出来ない事もあります。派遣社員として働いてから最低でも半年は経ってから審査を申し込む事をオススメします。

 

審査に通過する事が出来るか不安な人はインターネット等でホームページにアクセスする事で仮審査を受ける事が出来るようになっているので、そちらを利用する事をオススメします。