MENU

カードローンの審査における派遣社員の在籍確認

フリーローンに申込んだ場合は通常、審査の一環として在籍確認を受けなくてはなりません。それは正社員であっても、アルバイトでも、派遣社員でも変わりはありません。

 

フリーローンを利用するためには、借入金を返済できるだけの安定した収入のあることを示さなければならず、そのためには賃金を支給してもらえる勤務先のあることを証明しなければなりません。  

 

当然、金融業者も申込者が本当に勤務先に在籍しているかを確認するために、申込書に記載されている勤務先に直接電話をします。なお、在籍確認は勤務していることが分かれば良いので、申込者が電話口にいる必要はありません。電話に出た人から「○○(申込者)は出かけています」という返事がもらえれば、在籍確認は完了します。

 

なお、在籍確認では金融業者の社名を出すことは無く、あくまでも担当者の個人名で電話を掛けるため、勤務先に金融業者からの電話であることを知られることを心配する必要はありません。  

 

派遣社員の在籍確認

 

ところで、在籍確認で問題の発生するのが派遣社員です。まず、電話を掛ける先ですが、仕事をしている派遣先ではなく、登録をしている派遣元になります。派遣社員に賃金を支払っているのは派遣先では無く、派遣元です。従って、在籍確認は派遣元にすることになります。  

 

しかし近年、派遣会社では個人情報の保護の観点から、派遣社員が登録していることさえ外部に回答することを拒否するようになっています。従って、在籍確認をしても確認ができないということになります。

 

その場合は、申込者が派遣会社から在籍証明書を発行してもらい、証明書を提出することで在籍確認に代えている金融業者が多くなっています。ただし、金融業者の中には電話による在籍確認を条件にしているところもあり、認めてもらえないこともあります。

 

最近では、給与支払証明書や保険証を提出することで在籍確認をしないフリーローンも出てきています。派遣社員の人はフリーローンに申込む前に、在籍確認の方法を金融業者に確認することが必須と言えます。